背中ニキビから解放!簡単ケアでツルスベ肌を手に入れよう

背中ニキビから解放!簡単ケアでツルスベ肌を手に入れよう


「背中のニキビが恥ずかしくて好きな服が着れない」
「ニキビのケアがうまくできず、なかなか治らない」

背中のニキビは他人の目が気になったり、ケアがしにくかったりするためなかなか治らずに悩む方も少なくありません。

しかし背中にニキビができてしまう原因を知りケアの方法を見直せば、誰でもキレイな背中が手に入ります。

この記事では、背中ニキビの原因”自分で簡単にできる”ケアの方法などについてまとめています。水着姿になっても恥ずかしくない背中を目指している方はぜひ参考にしてくださいね。

 

◆背中ニキビの原因は?

背中ニキビができる原因はさまざまです。

効率よく対策をおこなうためにも、考えられる原因を理解しておきましょう。

 

①皮脂や汗による毛穴のつまり

背中はもともと皮脂や汗の分泌量が多く、毛穴が詰まりやすい部位です。

皮脂や汗、古い角質が詰まった毛穴はニキビの原因である「アクネ菌」にとって絶好の環境。アクネ菌が増殖し、ニキビ症状を起こし悪化させます。

また毛穴を詰まらせる皮脂量は、ホルモンバランスによって必要以上に分泌されることがあります。特に皮脂の分泌を盛んにする男性ホルモンは、思春期や生理前に多く分泌され毛穴詰まりを起こしやすい時期です。

普段よりもニキビが発症しやすくなる状態のため、丁寧なケアが求められます。

またシャンプーやボディーソープなどのすすぎ残しもニキビの原因です。流しきれなかったせっけんカスは皮脂や古い角質を含んでいるため、アクネ菌のエサになりニキビができやすくなります。

 

②不規則な生活 やストレスによるターンオーバーの乱れ

不規則な生活やストレスは「肌のターンオーバー」が乱れ、ニキビや肌トラブルを起こします。

肌のターンオーバーは、肌の深層部で生成された新しい皮膚が徐々に表面に上がり表面の古い角質が自然に剥がれ落ちる仕組みです。このサイクルは加齢によって周期が遅くなる傾向にありますが、不規則な生活など年齢に関係なく乱れることがあります。

ターンオーバーは顔のケアの際によく聞かれるワードですが、背中も同じです。

不規則な生活やストレスがターンオーバーを乱し、古い角質が長期間たまるためニキビや肌トラブルが起こりやすくなります。

 

③肌の乾燥による肌環境の悪化

肌の乾燥は、皮脂を過剰に分泌させてしまう作用がありニキビの原因となる毛穴詰まりを起こします。

お風呂上りにボディークリームを塗るなどの保湿ケアがおすすめですが、背中は手が届きにくいので十分に保湿ケアができない部位です。

ケア不足が続くと乾燥が悪化し、ニキビが治りにくかったり再発しやすかったりします。乾燥はニキビを含む肌トラブルが長期化する原因になるため注意が必要です。

 

◆背中ニキビの予防と対策

背中のニキビはケアがしにくい部位ということもあり、治りにくい特徴があります。

ニキビができないような予防や、出来てしまったあとの対策など自分でできるケアを紹介します。

 

対策①:清潔に保つ

皮脂や汗、古い角質はニキビの原因となるアクネ菌にとって最高の環境です。そのため、なるべくその環境を作らないように意識することが重要です。

清潔に保つためには、背中をこまめに拭いたりシャワーを浴びたりすることが効果的です。

しかし仕事など日中に外出している方はそうもいかないですよね。

そんなときは以下のような点を意識すると良いでしょう。

  •  通気性の良い服を着る
  •  汗を吸う下着を着る

背中がぬれていたり湿っていたりすると菌が増殖しやすく、ニキビなどの肌トラブルにつながります。

なるべくじめじめとした環境を作らないために、通気性や吸水性に優れた下着を着用するとよいでしょう。

 

対策②:規則正しい生活を心がける

規則正しい生活は肌の生成を促す「ターンオーバー」を整えてくれるため、ニキビなどの肌トラブルがおきにくくなります。

中でも以下の点を意識して生活をすると良いでしょう。

  • 決まった時間に睡眠や食事をとる
  • 十分な睡眠をとる
  • ストレスをためない
  • 栄養バランスの整った食事をとる

規則正しい生活とともに、食事の栄養バランスも大切。脂っぽい食べ物は控え、ビタミンやミネラルを積極的に摂取すると効果的です。

またホルモンバランスによって肌環境が変化する一時的なニキビ症状も、規則正しい生活によって症状を緩和できます。

規則正しい生活はニキビを早く治したいときにも効果的なので、肌トラブルが気になったときにはなるべく早めに生活を見直すと良いでしょう。

 

対策③:刺激を避ける

ニキビを悪化させないためには、「肌への刺激」を避けると効果的です。

例えば以下のような対策が効果的です。

  • ゴシゴシ洗いを控える
  • 化学繊維の衣服を避ける
  • キツイ服を避ける
  • 化学成分を含んだスキンケア製品を避ける

摩擦による直接的な刺激や、成分や製品による刺激など肌はさまざまな影響を受けます。

シルクやコットンのような肌に優しい素材の服を着たり、自然由来の成分でできたスキンケアを使うのがおすすめです。

特に敏感肌や乾燥肌の方は、刺激に敏感でニキビや肌トラブルが悪化しやすいので気を付けましょう。

 

対策④:保湿する

美しい背中にしたい場合は、保湿ケアは必須です。肌の乾燥は皮脂を過剰に分泌させてしまうため、ニキビの原因につながります。

お風呂上りにボディクリームや背中用の保湿化粧水を塗るなどのケアが効果的です。

しかし背中は手が届きにくく自分でケアができなかったり、面倒だったりしますよね。

そんな方は、ボディーソープや入浴剤などのバスグッズにこだわるのがおすすめです。体を洗いながら、また入浴しながら保湿ケアができるので効率的!

毛穴が開いている絶好の環境でリラックスしながら保湿ケアができ、一石二鳥です。

 

対策⑤:皮膚科で受診する

ニキビがなかなか治らなかったり、悪化したりする場合は皮膚科など専門家の受診がおすすめです。

ニキビの症状に合わせた治療薬を処方してくれるため、比較的短期間で症状がおさまるでしょう。特に炎症を起こしている場合には跡になってしまう可能性が高いため、早めの受診をおすすめします。

 

◆背中のニキビ対策は「入浴剤」がおすすめ

背中ニキビのケアを自宅で簡単に行いたい方は「入浴剤」に注目してみましょう。

なぜなら手が届きにくい背中も入浴中に簡単にケアができるからです。

入浴後のケアの手間が省けることはもちろん、時短にもつながります。仕事が忙しい方や、ボディクリームを塗るのが面倒な方、自分のケアに時間を割けないママにとっては強い味方です。

また入浴剤にはさまざまな成分が含まれていますが、中でも「保湿成分」「洗浄成分」が配合されたものがおすすめ!

美肌を意識するうえで重要な肌のターンオーバーを整えてくれたり、ニキビを悪化させてしまうゴシゴシ洗いを避けられます。

敏感肌や乾燥肌の方、子どもにも優しい自然由来の成分でできた入浴剤であるとより安心です。

 

◆まとめ

背中のニキビの原因と対策を紹介しました。

もともと背中はニキビが出やすいので、他よりもケアが必要な部位です。

しかし状況を確認しにくかったり手が届かなかったりとケアが難しいのも事実。そこでおすすめなのが、保湿や洗浄など肌トラブルの解消につながる成分を含んだ「入浴剤」にこだわることです。

毎日の入浴で背中のニキビができにくくなるのは嬉しいですよね。

ぜひ時間と手間を省略できる美容効果の高い入浴剤で、”見せられる美しい背中”に仕上げましょう!

ブログに戻る

エミュールバスパウダーラインナップ