季節の変わり目の肌荒れと向き合おう!時期や原因、おすすめの改善法を紹介

季節の変わり目の肌荒れと向き合おう!時期や原因、おすすめの改善法を紹介

「なんかいつも季節の変わり目に肌が荒れる気がする…」

1年を通して肌のケアをしているのに、季節の変わり目だけ肌が荒れてしまうという方も少なくありません。

実際に季節が切り替わる時期は、肌荒れが起きやすい環境です。そこで今回は、肌荒れを起こしやすい時期や肌が荒れる理由、対策について紹介します。

季節に関係なく安定した肌を手に入れたい方は、ぜひ参考にしてくださいね!

 

◇季節の変わり目に肌荒れしやすい時期は?

1年の中でも肌が荒れやすい「季節の変わり目」は、以下の時期です。

  • 春先(3月)
  • 梅雨(6月)
  • 秋(9~10月)

これらの時期は気温や湿度の変化が大きく、体が環境の変化に対応しようと調整するタイミングです。

ホルモンバランスや乾燥などさまざまな要因が重なり、肌が荒れやすくなるといえるでしょう。

 

◇季節の変わり目によく見られる肌荒れの症状

季節の変わり目に良くみられる症状は、以下の通りです。

  • 乾燥による肌のつっぱり
  • かさつき
  • 赤み
  • かゆみ
  • ニキビの増加

肌荒れは主に、乾燥による症状と過剰な皮脂から起こる症状の2種類があります。時期によって症状が異なることがあるため、環境に応じたケアが必要です。

 

◇季節の変わり目に肌荒れが起こりやすい3つの理由

季節の変わり目に肌が荒れやすい理由は、以下の3つが考えられます。

  • 1日の気温差が大きい
  • 湿度が低いもしくは高い
  • ストレスが溜まっている

ひとつずつ解説しますね。

 

理由①:1日の気温差が大きい

肌が荒れやすい春や秋は、日中と朝晩の気温差が大きい傾向にあります。

1日の気温差が大きいと体を守るための「自律神経」が乱れやすくなり、肌の代謝(ターンオーバー)も乱れてしまうことがあります。ターンオーバーの乱れは、肌荒れのほか、肌トラブルの改善に時間がかかる原因になることも。

肌症状に応じた毛ケアをしたり、リラックスして過ごして自律神経を整えたりすると、肌の影響も抑えられるでしょう。

また、寒暖の変化に対してアレルギー反応を示す「寒暖差アレルギー」の可能性もあります。肌の状態が気になる方は、早めに皮膚科などの専門医で受診してくださいね。

 

理由②:湿度が低いもしくは高い

季節の変わり目の肌荒れは、湿度の変化によるものかもしれません。

湿度が低い環境だと肌は乾燥しやすく、逆に湿度が高すぎると皮脂の過剰な分泌や雑菌の繁殖を招いてニキビができやすくなります。いずれの場合も、肌の水分と油分のバランスが崩れていることが原因です。

肌の状態を観察し、水分や油分のバランスを整えながらケアをする必要があるでしょう。

 

理由③:ストレスが溜まっている

肌荒れは、季節の変わり目の影響による「ストレス」が原因の可能性があります。

季節の変わり目は、気温の変化と生活環境の変化が重なり、無意識のうちにストレスが溜まっていることも。ストレスは、体調だけでなく肌にも大きなダメージを与えます。

季節の変わり目はストレスを受けやすい時期であることを理解し、定期的にリフレッシュしてストレス発散しましょう。

 

◇季節の変わり目による肌荒れの治し方

季節の変わり目による肌荒れは、以下のように悪化させない工夫をするとよいでしょう。

  • 丁寧に洗顔する
  • 肌に合ったスキンケアをする
  • 規則正しい生活をする

基本的なことではありますが、肌荒れ時は重要なケアです。ぜひ意識してみてくださいね。

 

①丁寧に洗顔する

肌が荒れている時は、特に洗顔に気を付ける必要があります。

洗顔は、洗顔料を泡立ててから肌に乗せるのがコツです。肌に余計な刺激を与えないよう、たっぷりの泡を優しくのせ、優しく円を描くようになでるように洗いましょう。

最後に冷水で流すことで、毛穴が引き締まりますよ。

肌荒れ時は強くこすったり、洗浄力の強すぎる洗顔料はよくありません。自然由来のものや、赤ちゃんでも使えるような「低刺激」の製品を使うのがおすすめです。

洗顔後はすぐに保湿をして、肌に潤いを与えることも忘れないようにしてくださいね。

 

②肌の状態に合ったスキンケアをする

肌荒れ時は、肌の環境に合ったケアをすることが大切です。

乾燥が気になるようであれば、保湿力が高い化粧水やクリームを使用し、逆にベタつきが気になる場合は、さっぱり系のスキンケアを使いましょう。

季節によっては、もともとの肌質に合ったケアが合わないこともあります。状況に応じてケアの内容を変えていくことが大切です。

 

③規則正しい生活をする

肌荒れが気になる時期は、いつも以上に丁寧な生活を心がけてみましょう。

自律神経の乱れによる肌荒れは、食事や睡眠、ストレスなど生活環境が大きく関わっています。バランスの整った食事や十分な睡眠をとることで、肌荒れの改善につながることも珍しくありません。

季節の変わり目は無意識のうちにストレスが溜まりやすいので、入浴やストレッチなどゆったりとした時間を過ごすことも有効でしょう。

肌の調子に違和感を覚えたら、毎日の生活を見直してみてくださいね。

 

◇季節の変わり目による肌荒れに役立つ食べ物

肌のコンディションを整えるためには、食生活からのアプローチも期待できます。

例えば、オレンジ、キウイ、いちごなど「ビタミンC」が豊富なフルーツは、肌に良い影響を与える可能性があります。またアーモンドやヘーゼルナッツ等に含まれる「ビタミンE」も同様です。

他にも卵や肉、野菜等に多く含まれる「ビタミンB」や、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜に含まれる「ビタミンA」もおすすめです。

バランスの良い食事は体内環境を整え、肌のコンディションを保つサポートにつながるでしょう。

 

◇季節の変わり目で揺るがない肌を作ろう!

季節の変わり目による肌荒れは、いつものスキンケアでは改善されないことも多く悩みがち。春先や梅雨、秋ごろの肌荒れは肌質だけでなく、乾燥や湿気、ストレスなど環境に応じたケアが必要です。

大切なのは、いつものスキンケアをより丁寧におこない、肌の環境に合ったケアをすること。自律神経の乱れによる肌荒れも考えられるため、生活習慣も意識してみるとよいでしょう。

また、肌荒れ時はバスグッズの活用も有効です。

なかでもファインバブルシャワーは、洗顔時の過剰な摩擦を避けながら、きめ細かな泡で毛穴の奥までしっかり洗浄できるのでおすすめ!季節の変わり目は肌が不調になりがちですが、適切なケアとグッズを活用し、美しい肌を保てるよう意識してみてくださいね!

ブログに戻る